HOME>特集>連帯保証人が見つからなかったら賃貸保証会社に相談

目次

連帯保証人と保証人の違いについて

男女

連帯保証人と保証人も借主が家賃を滞納した場合に借主の代わりに家賃を支払う事になります。保証人の場合ですと家賃が滞納したら、まずは借主に家賃を支払いを請求します。しかし、連帯保証人の場合は、連帯保証人になった方が借主の家賃の支払いを請求されたら、必ず支払わないといけません。連帯保証人になると支払いを拒否する事ができませので、注意して下さい。

連帯保証人が必要な理由

男女

オーナーは入居者の家賃によっては収入を得ています。入居者が家賃の支払いを怠ってしまうと収入が得られなくなります。なので、家賃を滞納された時の事を考えて、保険が必要になります。連帯保証人がいれば入居者が家賃を滞納しても、連帯保証人が代わりに返済してくれるので、オーナーも安心して契約をしてくれます。また、入居者との間に家賃滞納以外のトラブルが起こった場合も連帯保証人を通して、本人に注意する事もできます。

どんな人が連帯保証人になれるのか

説明する人

連帯保証人は誰でもなれる訳ではありません。入居者が毎月家賃を支払ってくれたら良いのですが、どうしても支払いが難しい場合は連帯保証人に請求する事になります。入居者が支払う事ができなくても、連帯保証人にはしっかり家賃を支払ってもらいたいので、収入が安定している仕事に就いている方を連帯保証人として選定されます。逆に年収が少ない方や年金暮らしの方は、連帯保証人として認められず、入居審査が通りにくくなります。定年退職をしている方や療養中の方も連帯保証人として認められにくいので、現役で働いている方に連帯保証人になって貰った方が良いのです。

賃貸保証会社と契約すると物件契約がスムーズにいく

女性

賃貸保証会社のメリットは、連帯保証人をつけなくても物件契約ができるところです。もし、家族や兄弟などに連帯保証人の依頼ができなかったら、賃貸保証会社に相談すると入居審査が通りやすくなります。高齢者の方や外国滞在者、アルバイトの方も賃貸保証会社を利用する事で、アパートが借りやすくなりますよ。原状回復費用なども保証してくれるので、初期費用を抑える事も可能です。

広告募集中