賃貸保証会社は入居者にもメリットがある

賃貸保証会社と契約する事で、入居者にもメリットがあります。連帯保証人がいなくても、賃貸保証会社が家賃を立て替えて支払ってくれるので、入居審査が通りやすくなります。

連帯保証人をお願いされやすい人ランキング

no.1

契約者本人の両親

連帯保証人は、借主が家賃を支払えなくなったり、設備を壊したりする等のトラブルが起こった場合、連帯保証人になった方が責任を負う事になります。子供が物件契約をする時に連帯保証人として選ばれやすいのは、借主のご両親になります。やはり、自分の両親に連帯保証人になってもらったという声が多いようです。収入が安定している両親があれば、入居の審査が通りやすくなります。

no.2

自分の子供又は兄弟姉妹

自分の子供や兄弟と姉妹が就職していて、収入が安定している場合に連帯保証人として認められます。最初に物件契約をしていた時は、両親が働いていたので連帯保証人になってくれたけど、別の物件契約をした時に両親が定年退職をしていて年金暮らしをしている場合だと連帯保証人として認められなくなります。しかし、こんな時に自分の子供や兄弟に連帯保証人になってもらう事で、契約ができるようになります。

no.3

契約者の友達

最近は仲が良い友だち同士でルームシェアをしている方も増えています。この場合は、収入が安定している方が連帯保証人として選ばれやすいです。しかし、一人暮らしをする場合は、友達に連帯保証人になって貰うのは簡単なことではありません。オーナーや不動産会社によっては、契約者の親や子供、兄弟、親戚に連帯保証人になってもらった方が安心という声もあります。また、友達には迷惑かけられない、頼みににくいという理由で第3位です。

空き室期間を短くする事ができる

住宅模型

賃貸保証会社では、入居者やオーナーが安心して契約できるようにサポートしてくれます。アパートを持っていても入居者がいなければ収入を得る事ができません。しかし、入居の条件を緩くしてしまうと滞納されるリスクもあります。賃貸保証会社へ相談頂ければ、スタッフが賃貸保証してくれるので、滞納があったら厳しく対応致します。なので、安心して入居者と契約を結ぶ事ができますので、すぐに空き室を埋める事ができます。

賃貸保証会社が立て替えて支払ってくれる

万が一、入居者が滞納されていても、賃貸保証会社が立て替えて家賃を支払います。オーナーの代わりに賃貸保証会社のスタッフが入居者から家賃を回収致します。もし、滞納して1ヶ月経った場合は、賃貸保証会社が入居者に内容証明郵便で契約解除の書類を送ります。2~3ヶ月程度経過したら、明け渡しの請求や契約解除の書類を送付し、入居者に退去手続きをして頂きます。

安定した家賃収入を得ることができる

賃貸保証会社を利用するとオーナーの資産を守ってくれます。家賃の滞納や長期間の空室があるとアパート経営者の収入も減っていきます。この2つのリスクを軽減する事で、毎月確実に家賃の収入を得る事ができるのです。家賃滞納が原因で入居者が退去しても、また別の入居者が入れるようにサポートします。

広告募集中